ページを印刷 ページを印刷

幼年さん北条交流へ


2015-03-07 018

 3月7日・8日で、幼年さん6人は、念願だった小野口結芽ちゃん家(北条)に行ってきました。
 お泊まりグッズ持参でおやつも入れて、わくわくドキドキでスタート!! お母さん、お姉さんも実は北条Gは初めて訪れます。幼年さんと一緒で、へ~ほ~は~(感嘆の意味) の連発でした。

 夕方、北条に着いたら、雨の中、本田国子お母さんが傘を持って迎えてくれました。
2階の二間続きの畳の部屋に通されると幼年さんのテンション上がってきたー!! 内緒ですが畳でスケートしてました。
 まずは、旅(?)の疲れを石(大理石)のお風呂でとり、北条とっておきの鶏の唐揚げをおいしく食べ、その日 1歳のお誕生日のなおちゃんのバースデーケーキも用意されていて、大満足。北条Gのみなさんの前で、ダンスと歌をやらせてもらいました。夜は、結芽ちゃん、さやちゃんも一緒にこたつに入って、本読みタイム。

 次の日、生活館の前の池の中の鯉にお手打ちをして、牛さんに出発。途中、阿部のお父さんに会い、隣の農業高校に馬がいるという情報をもらい、さっそく出向きました。が、防疫上見れないと言われているところへさっそうと阿部のお父さんが軽トラで現れ交渉してくれました。(まっ、結局見れませんでしたけど)でも、広い農業高校の散歩は楽しかったです。まるで春日山のようでした。
 その後は、お楽しみの姫路城(子どもの発音では”しめじ”になることも)に出発!! おしゃべりしてたら、もう着いちゃった姫路城。まずは(知ってましたか?)敷地内にある動物園でテンションが上がり、爆弾おにぎりにかぶりついて、おやつも山ほど食べ、いざ ” しめじ城 ” へ出陣 !!
 幼年さんはもらったパンフレットの写真にある刻印探しに夢中で、あの壮大な姫路城はちら見、ひたすら城壁ばかりをガン見していました。なんと11個も見つけたんですよ。帰路の車の中では爆睡するだろうとタカをくくっていたのに、この一年かけて培った体力がものを言わせ、おしゃべりが続くこと続くこと。
 本当に本当に楽しい二日間でした。

 4月から一緒にやってきた6人、18日に幼年さんを出発します。

春日山実顕地 筒井邦子・徳井みな子

幼年さんのこの一年 → 春日山歳時記~幼年~