ページを印刷 ページを印刷

12/1【スイス】●お世話になりました。 またね。 チュース❤


12/1
● 3か月、早いもんだなぁー。

わたしの交流期間も、あと…日と言う日までになりました。
􂰁􀄁あ􏿿􂨁􀄴っ􏿿と言う間…というのが、一言の感想だけれど、ザックリと振り返ってみたいと思います。

来たばかりの頃は、何を見ても、感動していて、
地面に足は着いてるけれど、気持ちがフワフワ。

ある人が言ってたそうだけど、「どれみても、いちいち可愛い!」って。

本当にそんな風なので、
「あー、わかるよ!わかる。」
と、言う感じでした。

IMG_3837IMG_3838

スイス実顕地の、スイス人のみんなは、
日本で実習の経験もあるので、かなり日本語が通じます。
でも、誤解、勘違いは、同じ日本人同士でもある事で、そこは外国人同士。
最初のころ、なんだか風当たりがつよいなぁ…と、思った時があって。
でも、それも誤解だった事に気がついて貰ってからは、自然と平和な日常になりました。

IMG_3839

始めの頃は、体調を安定する事に努力してました。
半袖で過ごしている皆んなを横目でみながら、
長袖とそのうに薄手の上着を一枚
…なんて着込んで過ごしました。
でも、気候に慣れてきたら、元々雪国育ちの私にも心地よく感じられてきて、雪が降ったり、霧に囲まれたりと、10月11月にかけて徐々に変わっていく気候を、楽しめました。

IMG_3840IMG_3841

ここスイス実顕地は、
供給、肉牛が主な産業で、他にも豚や鶏、羊、
肉加工、ヌードルやプリン製造など。
その他に飼っている七面鳥、孔雀、ガチョウ、山羊、猫、アヒル➕カモ一匹、そしてロバがいます。
これだけの動物達を育てて行くのに要るエネルギーを思うと、ここの皆んなの労働力は、どーなっているんだろう、凄いなぁーと、感じます。

私は、ロバに会ってあまりの可愛さに魅了されてしまいました。

周りが白く縁取られて何かを言いたげなつぶらな瞳。
馬よりは小柄で私でも近づけそうな親近感。
お腹が空いてると、かすれ気味の甲高い声でヒィーンと鳴いて、寄ってきてくれる。

人参を食べようと、口を開けた時に見える歯並びは、そこらへんにいるおじさんに見えるけど、
そのギャップもたまらない魅力です。

小さくして、連れて帰りたい…です。

IMG_3831
ドュシカ…供給の片付けをしてくれている。

IMG_3832
ベアートとマヌエーラ
肉加工の社員さん

IMG_3833
肉牛を見てくれてる
マドレーンと、ノルディ

みんな陽気な明るいスイス人です。

実顕地を支えている社員さん達。
私が
「イングリッシュ、ちょっぴり。
ドイチュ、ちょっぴり
よろしく!」と、言うと、
「ja! ja!」と、言って受けてくれる、
気さくで陽気なスイス人達です。

スイス実顕地では、
この前までで、107回の
特講が開かれています。これまでに、何人の会員さんが生まれこの生き方に関わって来てる人がいるんだろう…と、思うと、ここの人達の底力を感じます。

毎週日曜日には、幸福研があって時々会員さんも来てたりします。その他にも、会員さん達と研鑽会を開いていて、とても熱心です。
私も、ほとんど何を話しているのか分からない中に参加させて来てもらったけど、皆んなが心の内にある物を出して研鑽していこうとしているのは、感じました。

日本を中心に言うみたいで、あんまり好きでは無いのだけれど、

日本から遠く離れたスイスで、
ヤマギシズムをやろうとしてやっている皆んなを、私は尊敬します。
一人一人の内なるものに素直にやっているように見えて、
小さくても本物が一箇所あれば…の一文が浮かんできて、愛おしいし、誇りに思います。

特講の係団のテーマに、
「間違ってもいいから、とにかく、前に進もう!」と言うのがあると聞いて、
皆んなを支えているものが、こういうところなんだなぁと、思いました。
素晴らしい仲間達です。
これからも一緒にやらせて欲しいです。

IMG_3869この写真は、スイスの特講の予定ボード

IMG_3834IMG_3835今日も、会員さん達と研鑽会!

216543

これは、ハンスには内緒のツーショット💕
色んな時代を超えてきたんだろうなぁと思って、背中を見てました。

夫婦二人三脚は、これからも、つ.づ.く…。

☆ 写真の並びは、本文には、影響していないです。
☆ スイス交流に、レトルトの味噌汁は、持って来なくても、多分💦
大丈夫だと思います(笑)

皆んな、
元気で長生きしてくださーい‼︎
動物達も、元気で長生きしてほしーい!

楽しくて満足な3ヶ月でした。
送り出してくれた皆んな、受け入れてくれた皆んな、
どうもありがとう。
チュース❤

豊里実顕地  鵜沼敬子

11/25

Lass uns essen❗

日本語の
「食べましょう〜 」は、

ドイツ語では、
ラス、ウンス、エッセン❗と言いますが、

簡単に
essen❗と声かけあっています。

今日、日曜日は、
クリストフとアグネスの
腕自慢の日です。
2人とも普段は、供給の仕事をしているので、
日曜日ばかりは、私の出番という感じで、奮ってくれます。

今日もクリストフは、
お昼過ぎから仕込みに入っていて
私が昼休みをして、出てきた頃には、大方出来上がっていました。

8915474027644

牛肉と野菜のスープ煮込み?とでもいうのでしょうか?
正式な名前はきいてなかった💦けど、
この後、

8915477081093

このサワークリームを入れて、味を整えて出来上がりです。
使っている材料もイイものだし、料理好きで腕もいいので、出来上がりはシェフ並みです。

このスープ煮込みを
パスタにかけて一緒に食べるのです。

8915482472848

こんな感じ⬆で。
毎日毎日、お腹いっぱいたべています。

8915485150493
これは、
芽キャベツのソテー?
塩茹でした芽キャベツを、炒めたミンチと玉ねぎの中に入れて一緒に炒めて、味付けはブイヨンかな?
ふみえさんも作ってくれてたけど、
芽キャベツって、こんな風にも料理出来るんだ、って、思ったメニューです。215488
これは、洋梨のタルト・タタン❗
材料は、洋梨、砂糖、バター、パイ生地だけ。
なのに、
お・い・し・いんです。

なんとも言えないカラメルの香ばしさと、ほろ苦さが絶妙で、パイ生地のざっくり感と
洋梨の柔らかさとがいい感じのバランスで。
本当に美味しいかったです。
これも、クリストフ自慢の一品。

一年のこの時期のこのデザートを、待ち遠しくしているのを、感じました。

🎵🎵Las uns essen‼🎵🎵

豊里実顕地  鵜沼敬子

11/22
しゃぶしゃぶ❗

今日は、
朝、8時から、精肉所のほうで作業をしてきました。

供給所と同じ建物の中にあります。
そこでは、ソーセージや、サラミ、ハム、などの加工品や、焼肉用、
煮込み用などのお肉も、作っています。

なんと、その中に、
しゃぶしゃぶ用…が❗

スイス でも、
しゃぶしゃぶは、公用語になっているみたいで、
社員さん達も、

「♪♪
しゃぶしゃぶぅ〜〜♪」

って、身体を揺らしながら、自作の歌を口ずさんでやっていました。

なんでも、
ブイヨンで作ったスープの中で、お肉をユラユラさせて火を通して、
いろんな味のソースに浸して食べるんだそうですよ。

日本でなら、
胡麻ダレ、ポン酢ダレ…
みたいなかんじだそうです。

野菜と一緒に…では、ないそうです。

IMG_3747IMG_3748IMG_3749

そして、
こんな風に真空パックしてから、供給車に乗って、活用者の人の所へ届けられます。

ここの真空パック機は、とっても便利です。
この蓋が
左右に動いて、真空出来るようになっているので、なんとも効率がいいように感じました。

ふみえさんとしては、
もう少し広い所ならねぇ…と、部屋にしては大きすぎる機械だと、いっていましたが、
私はとても気に入りました🍀

頑張れ!真空君❗

IMG_3750IMG_3751

こんな感じで〜す。

豊里実顕地  鵜沼敬子

11/18
11月に入って、
スイスは、寒暖の差が出てきました。
朝霜が降りたり、夕方の空が綺麗に焼けていたり…と、
一日の中でも、景色が変わります。
そこも、
魅力の一つです🍀

IMG_3664
IMG_3665IMG_3666IMG_3667

これまでは朝の景色。

IMG_3668IMG_3669IMG_3670

夕焼け
寒いけど、
綺麗です。

愛和館のある上の宿舎から写した朝焼けや夕焼け

豊里実顕地  鵜沼敬子

11/2
●あったかいもの…。

スイス実顕地の牛達は、
朝、9時ころから、早い時は7時過ぎ頃から、
牛舎のすぐ側の道路を挟んだ牧草畑にでかけます。

そこで、伸び伸びと食べたいだけぼくそうを食べて、休みたくなったら
脚をたたんで休んでいます。

なんとものんびりとした
光景を見ることが出来ます。

そして、
夕方5時頃に、
社員のマドレーン(女の人)が、イーナホー❗
(入ってこい)と、
大きな声でみんなを呼ぶと、
ぞろぞろと、集まってきます。
道路を挟んでいるので、
道路の端から端までロープを渡して、通る車には待ってもらっての
、帰宅です。

最近、
子牛がその中に、加わりました。公園デビューならぬ牧草はたけデビューです。

210054
ひろーい畑を、お母さんと一緒になって、食べ歩いています。
でも、夕方になると
ヘタってしまうのかも。
5時位になって、座り込んでいた日がありました。

他の牛達はみんな牛舎の中に入って行ったけど、子牛はへたり込んでなかなか動けないでいました。
すぐ側にはお母さん牛が寄り添っていました。

社員さんが来て、帰る様に色々促して、15分位あとに、おかあさんと一緒に帰りました。

親が子供を思う気持ちは、動物も人間も同じだなぁと、気持ちの中にあったかいものが湧き上がってきました。

牛達が、ロープの張られた牛舎までの道を、歩いている間、
ロープの手前で待っている車の人達も、なんだか
ゆったりしてて。
牛達を見守っている様に感じられます。

スイスの人達にとって、
牛達は、大事な宝なのかもなぁと、思いました。

豊里実顕地  鵜沼敬子

10/2
●秘密兵器でした
今日は、朝、打ち合わせの後から、胡桃拾いに行ってきました。
スイスの胡桃は、日本の胡桃より、ちょっとふっくらした感じです。
拾うというので、一個一個拾うのかと、思っていたら、
秘密兵器が出てきました。

IMG_3474

打ち合わせの部屋で、見ていて
ずーっと気になっていた
👆の道具。
何につかうのかなぁ?
っと思ってたら、

IMG_3475

👆こんな感じ。
ころころと、掃除機みたいに、地面を転がしてると、胡桃が入ってくる仕掛けです。
これを考えた人は、すこいと思いました。
「これ、高かったのよー」っと、ふみえさんが言って、壊さないでね💦 と。

かなり、高かったのかもしれません。
ほかに使い道があるのかは、聞いていませんが、胡桃拾いに、こんな秘密兵器があったとは、初めて知りました。
この時期の交流の人は、これが使えますよー🍀

IMG_3476

9/27
Guten morgen❗

ドイツ語で、おはようございます。と、言うことだそうですが、親しくなってくると、morgen❗だけになってきます。
私も今では、ちょっと、小洒落た感じで morgenだけで挨拶しています。

ここに来て、3週間弱ですが、何度かほうれん草の収穫をしました。
収穫と聞くと日本では根っこから採ってくる事をいいますが、ここの収穫は、葉っぱだけです。
ニラみたいに、葉っぱだけを千切ります。

言ってみれば、ほうれん草の葉千切り…です。
2〜3日すると、また次の葉っぱが大きくなって来て、また千切れる様になるんです❗
大きな発見でした。
ほうれん草は、根っこから採るもの、と、決めていた私の観念は覆されて、塗り替えられた感じです。
一回撒いたら、何度でも収穫できて、それも簡単に。
柔らかくて美味しいし、言う事ないなぁーっと言う感じ。
日本でも、こんな方法は、どーなのでしょうか…􂰁􀄘ね􏿿?

なんとも楽しいほうれん草収穫です。
IMG_3461
収穫前⇑
収穫後⇓
IMG_3462
あ、そーだ。そのほうれん草で作ったソースがこの、そーす。
これを塩茹でしたじゃがいもにまぶしながらたべるんだけどね、すごく美味しいかったの。
味付けは、生クリームと塩コショウみたいだよ。
かえったら、皆んなにも食べてもらいたい❤
IMG_3463

9/23
Guten tag!
こんにちは、日本の皆さん。

私は、今、スイスにいます😊
もう、2週間になりました。
時差ボケやら、追い風が吹いたりした時も、ありましたが、今は、その辺は落ち着きました。
ちょっと前から、アレルギーが出て、首回りとかが赤くなってるのですが、今は様子見です。

この前、愛和館で、歩いていたつもりが、ハンスさんに、「走らなくてもいい。ここは、日本じゃないよ。」と、言われましたので、スイスに馴染もうと思って、マイナス1.5位のペースの動作でやってみていますので多分、帰る頃には、どーしたの?と、言われるくらいスイス人になっているかも知れません😊😊
IMG_3431
ここには、色んな動物達がいます。
アヒルや、ロバの親子がいたり、ひつじや、孔雀、ガチョウの一家、と、小さな動物園並の規模になります。
私は、アヒルの寝かせ、ロバの親子の散歩をしました。
散歩は、草を食べながらなので、なかなか前に進みません。
時々思い出したように、走ったかと思えば、立ち止まって、また食べる。
好き嫌い?があるのか、美味しくないのは、口から出して、鼻息を荒くしています!(自分で食べたのにね😊)
なんとも楽しい時間です。

今日は、クリストフさんの予供について行ってきます。
マーケットに予供車をだしている?とか。
どんな事が起こるか楽しみです。
じゃ、いって来まーす🖐
またねー🍀

IMG_3430
ここが、供給所のある建物。
ここの2階に住んでいます。
お風呂もあったり、毎食日本の食べ物は出るし…で、快適快適、満足満足…な、暮らしです。
皆んなにも来てほしいです🍀

豊里実顕地  鵜沼敬子