ページを印刷 ページを印刷

香港のNGO『PCD』から18人が参観に


 
 9月23日~26日で香港のNGO『PCD』から18人がヤマギシズム実顕地参観に来られました。

 PCD(Partnership for Community Development)というのは、既存のコミュニティーの生長・発展の為に協力し、共に歩むということを目的とするNGO組織です。

 中国では、商業主義・消費主義への大きな社会変動によって、村から都市部へ人が流出し、農村が弱まり、都市部で必要なものも含めて、健康な農産物生産が出来なくなりつつあるようです。こういう状況の中、農村に多い少数民族の文化も活かしながら、都市部と連携して、持続可能なコミュニティー創り、エコ農業の普及などを推進していくことを仕事にしている人達です。

 さて、こういうPCDの人達は、色々な方法を熱心に探り、取り入れ、実践し、更にその実践を「やってみてどうか」と再考し、次の実践に繋ぐということを、2001年の創設以来やってきています。そういう模索の中から、日本での自然農法・エコ農業の実践例を知り、また「理念村」といわれる、新しく自分達で作ったコミュニティーにも実践例を求め、自分達で調べ、企画し、私たちへの参観・交流を提案してきたのです。スタッフの一人が、先ず視察にきたのが、この5月中旬。4ヶ月後、中国の人18人を迎え入れることになりました。

 私は彼らと3泊4日、わからないながらも、寄り添い、少し語り合い、無事帰路へ送り出せた今、やっと上記したような彼らの背景と、どんな仲間なのかを実感しています。

【加賀実顕地 新村由美子】
 私達は無事に香港に着き 今事務所にいます。本国の友人たちはまもなく今日の夕方家に着くでしょう。

 私たちが春日山にいた四日間 私たちがあなたを完全に独占してしまって 私たちが去って やることが山ほどあるにちがいない

 昨日は 別の家に帰るために 家を離れるような気持ちになった。何か甘い 不思議な感じだった。春日山の家族のメンバーが 老いも若きもみんで私たちにお別れを言いにきたのは 感動する場面でした。 私たちの心が一部あなた方とともに残っています。

 今回は頭ばかりでなく 心で学びました。持続可能な生活様式を語り合うというより 実際に生活しなければならないということを学びました。こうすることで幸せが私たち自身にも周りの人にも齎されるのでしょう。

 私達は 愛され 生き返り 満たされたと感じました。この素晴らしいエネルギーはずっと長く私たちとともに残るでしょう。

 香港や本国中国に良い友達を得たということをわすれないでください。あなた方とともに人生を分かち合いこちらで仕事することに期待を寄せています。

 あなた方の親切と配慮に心からお礼します

 アンドリュウ、クリスタイン、シャーマン、アンガス、マギー、エドワード、フレッダ、フアン ユィン

クリスタイン
dear Kitaoji San, Yumiko San and Masako San, 北大路さん 由美子さん 雅子さんへ

Thanks for taking care of us during our stay in Kasugayama. Coming back the second time, I felt like going home. The trip we made in Shiga before we arrived Kasugayama was also good, we had a lot of opportunities to meet with many different people. The stay with them were brief and short, so we try our best to understand and interpret the information and the experiences we have collected, trying to make it meaningful in our own sense. This is a very normal way for us to learn in such kind of learning trip.

 春日山滞在中は私達をお世話してくれて有難う。家に着いたら 家に帰るのは二度目かなという感じになりました、春日山に着く前に滋賀を訪れましたが これもよかったし 多くの異なる人々と会う機会がたくさんありました。滞在は簡単で短かったので 自分たちの感覚で訪問が意味のあるようにしようと 予め集めた情報と経験を出来るだけ理解し 解釈しようとします。これは私たちがこのような研究旅行で学ぶ方法として普通のやり方です。

But coming back to Yamagishi for me is really something very personal for my own self. Coming back to meet each of you who are kind and live as a real person and a real friend for me. This made me feel so warm and happy. It old my PCD team that I did not end up learning much more information about the operation of Yamagishi in my second visit, though I am now coming back with the help of Shosho San, our translator. We are so used to try to get quick answers for our questions in our life. Each of us try to structure our questions according to our own framework, so we end up just putting the information we get from the answers into our own box, our own framework of understanding our world.

 でも 私にとってヤマギシに帰ってくることは 本当に私自身の個人的な特別なことで、私にとって生身の本当の友人として親切で血の通ったあなた方に会いに帰ってくるようなもので だから帰ってみると大変心が温かく愉しく感じました。私の二度目の訪問ではヤマギシの運営についてもっと情報を得るということに留まらないつもりだとPCDのチームに言って置いたのです。通訳のSHOSHOさんの助けを借りて帰ってきましたけれど。思うに 私達は人生の問題に早急な答えを得ようとすることに大変慣れていて、私たち皆 自分自身の枠組みに沿うように質問を組み立てようとします。だから結局回答から得た情報を自分たちの世界を理解する枠組みに入れるだけに終わってしまいます。

But as I live a few days in Kasugayama this time, I learnt that we don’t need quick answers in life. Instead, I realise that a slow process that does not just look at the surface of how things operate will help me to gain a better understanding of the nature of things, and ofcourse my own heart. For me, it is really the way our friends in Yamagishi who try to live out the spirit of “一体,無所有,無我執” that inspires my search for a better way to live my life. I don’t know how to do it, but i just feel the warmth and the sincerity that the Kasugayama friends shared with me is the best encouragement for me now.

 しかし今回春日山で数日過ごして、人生に早急な答えは必要ないということを学びました。早急に答えを出すのでなく 物事の運営され方をただ表面を観るだけでなくゆっくりしたやり方をすることで、物事の性質やもちろん私の心の性質についても よりよい理解が得られるだろうということに気づきました。これは実際私により良い生き方を探させようとした「一体 無所有 無我執」という精神をヤマギシの友人たちが生活で顕そうとするやり方でした。私にはその方法は分かりませんが、ただ春日山の友人たちが私と分かち合ってくれた暖かさや真摯さが今の私を最高に励ましてくれていると感じています。

Many thanks again for taking me back as a friend and I hope when I next come, we have more time to enjoy life together as a family. Please convey my thanks to the Yamagishi friends in Kasugayama and Toyosato. I am still so touched to see Rita San, Masako San and eiko san. And also hukuda san who kindly sent us to the airport. He was smiling on the way when he drove us to Kansai Airport. I am so impressed. See you in my Tokkoh session next year :) love,Sherman

 友達として再び迎え入れてくれて感謝しています 次に行くときは家族として一緒に生活を楽しめる時間がもっとあると願っています。春日山や豊里のヤマギシの友人に私の感謝をお伝えください。リッタさんや 雅子さん 栄子さんに会えた感激がまだ冷めません。また親切にも空港まで送ってくれた福田さん、関西空港までの運転中ずっと微笑んでおられました。大変印象深く心に残っています。来年特講で会いましょう。

 愛を込めて シャーマン

シャーマン

春日山で彼らと接する場が色々あった皆さんへ

 彼らと実際に触れたり、触れなくても、見たり聞いたりして思ったこと、感じたこと、みんなにも是非聞かせてあげたいこと等、色々あると思います。

 それをどうぞ是非コメントに寄せて下さい。

 老蘇さんや自分では書けないという人の分も、誰か聞き取って、寄せて欲しいです。

 私も寄せたいこと、まだまだあります。楽しみにしています。