ページを印刷 ページを印刷

高校生の親合宿
in豊里


 
 寄りたい人の寄れる場を用意しようと思って、今回の企画を立ち上げました。

 土曜日のお昼から日曜日のお昼までの親合宿に15人が参加しました。

 土曜日の夜の研鑽会に三重県地区の実顕地から多くの高校生年代の子を持つ親が加わって、いろんな話しが聞けて、とても良かったです。

 これまでに毎月やっていた「高等部親合宿」が自然に「高校生年代の子を持つ親合宿」になっていきました。これからも一緒にやっていきたいです。

【豊里実顕地 梶山リッタ】

次の親合宿は 11月5~6日で
りんご狩りも兼ねて 飯田実顕地 でやります。

<申し込み先>

  • 関東: 宮崎千恵子 0pu4572238x5k5p@ezweb.ne.jp
  • 関西: 小張典子 koba-mama.nori.12.11@ezweb.ne.jp
  • 実顕地: 御木真弓 mamimamimiki@hotmail.co.jp
  • 10月15日までに申しこんで下さい


    親合宿をやってみて

     はじめての高校生親合宿。  どうなることやらと始めは少し心配していましたが・・・。  夜の研鑽会には30人。  朝は村の風呂美化。  ゲームコーナー、ピザ作り。そしてそれをみんなで食べて今、とても眠い・・。  けれど何かとても楽しかった。  そうだ夜中の2時までおしゃべりもした。  やっぱり合宿は楽しい。  色々みんなの話を聞いたことも、ピザも梅スカッシュもカフェオレも少しずつ私の血となり肉となり活力になっていく気がします。  これからも色々な人と寄ってやっていきたい。
    小張典子 奈良
     高等部の親という枠を広げて、高校生の親で寄れる場ができた。これってほんとに良かった!!  一人で考えてるんじゃなくて、皆で考え合えるのがいい。答えは出なくても、次の一歩につながるかんじ。なんでも出せるのがいい。  そいて、ゲームをして、ピザを作って、食べて・・・。  満々足。なかよしになるには、まず寄って一緒に何かしてみるのがいい。  何だかとっても簡単。難しく考えないで心で動くのがまず初めかな?  いろんな人の顔が見れて又、広がったかな?  研鑽会でそんなに出さなかったけれど、それもいい。心残りはない。次につながっていくと思う。
    為永弘子 飯田実顕地
     こんな場が欲しかったのよ。と私だけでなく多くの人が思っていたんだと。色々出し合いながらみんなの顔がにこやかになっていきました。  最後はみんなでピザを作って食べました。もちろんおいしかった。  ゲームで最下位の私は、リッタ作のおまけパンも頂き、大大満足。また寄ってずっとつながっていたい。
    梅田孝枝 美里実顕地
     夜の研鑽会の続きをやりたい。  中三合宿からの親のつながりがうれしい。用意してくれた事に感謝。  (何度も寄る事で仲よし(?)が深まっていく。)
    西田友子 仙台
     頭で考えるより体感したという感じで、いろいろたくさんかかえていた事があって、したい事やりたい事しなくちゃいけない事、いりみだれていてちょっとリセットされた感じで、それでいろんな事がなくなったわけでもないけど一回チャラになったような親研でした。

     朝きめる事ができない子でも受けいれてくれる人がいて、なんかほっとしたような・・・。

    水田きよみ 船南実顕地
     またみんなで探っていきたいと思う。気持ちがほっこり出来た一泊二日。  今度は同じ実顕地の親もさそって一緒に参加したいと思っています。
    北間理子 春日山実顕地
     お腹の中にいるときから、共に子供の育ちを見合って、一緒に子育てをしてきた親仲間。そろそろ会いたいなと思い参加した。

     参加してみて、最近考えていきたいなと思っていたことが、やっぱり出てきた。同じ年頃の親同士、一人一人違っていても、似たようなことに出合っていくものだなと思う。今までのように親先行でなく、どこまで子供の力で考え、実行していけるか。高校生年代はどこまでも力を付けていける時期だと思う。そのチャンスをいかに邪魔しないか。つい手出し口出ししたくなる自分に気づき、子供の様子を見守る方向に変わっていけるか。

     目に見える子供の行動に、つい何か言いたくなるけれど。目に見えない子供の心の中で起こっている動きをどこまで感じ取り、受け止めていけるか・・・。そして自立へ向けて飛び立つ準備をどう共に迎えていくか。

    今野啓子 豊里実顕地