ページを印刷 ページを印刷

にわか寿司職人
【一志】


 

 一志では毎年、新米が贈られて来るこの時期に食事会で握り寿司をします。
 この時ばかりは男子厨房にはいり、にわか寿司職人の男性陣が大活躍です。

 大潟の新米をはじめ魚、肉、卵、野菜、そして果物と世界中から贈られたこの時期ならではの味を堪能しました。

【一志実顕地 園田宏彰】
講習会でハズミをつけた握り寿司。

握り手結構集まって、あっという間に桶の山。

とにかく盛況オモロ、楽しむ。

シキタリで一堂の前では酒、ビール飲むのは憚られるので、それではと一桶とお代わり分貰ってゆっくり部屋で寛ぐ。

久しぶりに食べて飲んで秋の夕餉のお寿司屋さん。 これはなかなかやめられない。

秋の素人寿司の夕餉かな

四條建彦 一志実顕地

食事会の前日に塩ナスをネタに練習、そして当日は約百桶の寿司を皆でワイワイ云いながら握ったことが久しぶりの味わいで楽しかった。そして味ももちろん美味しかった。
岩崎繁基 一志実顕地
とにかく楽しかった。

何が? ときかれても・・・

受け入れの描きができていなくてバタバタ、ゴチャゴチャだったけど終わってみたら楽しかった。

宮本零子 一志実顕地