ページを印刷 ページを印刷

文月茶会【豊里】


夏の盛りのお茶席には「涼」を感じる工夫がいろいろあり、この季節ならではの味わいがあります。

茶道部には新人3人が加わり、初めてお茶会に参加しました。

ユ・ジェホ(韓国から春日山G実習生)
泉田ちひろ(春日山G実習生)
小泉愛(高等部本科生)


掛け軸は「白雲白去来」
禅語「青山元不動 白雲自ら去来す」という対句の後句
白雲去来するも不動なる青山のように順逆両境に処していささかも動ぜず泰然自若と行動し、いよいよその美しさを発揮するであろう。

花はむくげと下野 花入れは古里籠

水指
平水指、口が広く水面が見える事で、涼感をそそるため夏季に多く用いられる。

お菓子
みぞれ羹 道明寺粉を散らした寒天で下は羊羹、銘は「せせらぎ」です。

【豊里実顕地 横田陵子】