ページを印刷 ページを印刷

夏越(なごし)のお茶会 


 

夏越のお茶会

 
 6月30日は1年のちょうど半分で、「夏越(< /rp>なごし) < /rp>の祓え」という行事を行う日です。
 半年の無事を感謝して、もう半年の息災を願って、夏越のお茶会をしました。
 地方によって様々ですが、茅の輪くぐりなどが一般的で、他にも人形の紙や葉を水に浮かべたり、川に流したりする所もあるようです。

 

水無月

水無月
 お菓子も夏越にちなんで、水無月にしました。
京都では6月30日に、この水無月を頂くと、夏の暑さに負けずに元気に過ごせると言われています。
 三角は氷の形で、上に並んだ小豆は邪気払いの意味があります。

 小豆は、お赤飯のようにおめでたい時に登場するイメージがありますが、本来、節目の時、何かが終わって何かが始まる時に食べられていたそうです。
 小豆は下元啓子さんの畑で採れた大納言です。

 

喫茶去

床には喫茶去(< /rp>きっさこ) < /rp>の掛け軸を掛けました。
「まぁ、お茶を一服召し上がれ」という意味で、お茶会でよく掛けられる禅語です。
禅問答の中の言葉で、悟りの境地のことです。

 親しい人にも、初めて会った人にも、どんな人にも一様に無心で
「まぁお茶を一服召し上がれ」と言える世界を表しています。

 お花は
 擬宝珠(< /rp>ぎぼうし) < /rp>禊萩(< /rp>みそはぎ) < /rp>金糸梅(< /rp>きんしばい) < /rp>(< /rp>あざみ)< /rp>・のこぎり草を、清澄籠に生けました。
 お茶室には茶花を生けますが、豊里にはお花を育てている人がたくさんいるので、少しづつ分けてもらっています。

【豊里実顕地  横田陵子】