ページを印刷 ページを印刷

オーストラリア実顕地交流レポート


2017-02-28
アルバムを見る


オーストラリア実顕地に来て3週間が経ちました。
日本からは時おり雪が降る便りが聞こえていましたが、ようやく春の兆しがそこここに感じられる季節になってきたのでしょうか。こちらは真夏からようやく朝晩が過ごしやすくなってきました。雨季で晴れていたかと思うと、ザザーッドドーッと強烈な雨が降ってきます。

夕食の後、毎日皆寄って今日のこと、明日のこと等打ち合わせをします。
安全健康のこと、子育てのこと、養鶏のこと、供給のこと…。そうやって寄って出し合うことで何かしらそれぞれのことが皆のものに、皆のことが自分のものになっていく心地良さがあります。

何日か前に雨季なのに晴天が数日間続いた期間がありました。ある日、猛烈な暑さで鶏がかなりのダメージを受けました。その日の夜、明日も雨が降らなければ更に状況は厳しくなるという話が出て、その時は誰が何をするという具体的な話は無かったと思ったけれど、皆の中には状況次第では何とかしようというつもりが出来たと思います。当日の午前は相変わらずカンカン照りの天気。弱った鶏を水に浸けるバケツを買いに走る人、水を撒く人、食事は簡単にすませようか…。午後になって待望の雨が降ってきました。気温は一気に下がりひと安心。

私は痛めた脚のリハビリを兼ねて2歳前の男の双子ちゃん、怖いもの知らずで気持ちの切り替えに時間のかかる移紗也、慎重で優しい麻紗也(イサマサと呼んでいます)に遊んでもらっています。段々と自我が芽生え始めた頃で、これがまたなかなかのゴン太ぼうず。先ずはイサマサに受け入れてもらうこと。毎日の食事、朝の涼しい間の散歩、昼寝、部屋遊び、Day careがある日の送り迎え、等など、まるで太陽の家のお父さん。一緒に過ごす間に徐々に受け入れてくれているようです。最近、よく会話をしてくれます。どうやら日本語ではなさそうですが、私とたぶん会話は成り立っています。この二人がTwinsで育ってきて、自我が芽生えてきて、これから先それぞれの道をどんな風に歩んで行くのか楽しみです。2/24に弟、亜樹良(あきら)君が誕生しました。

春日山実顕地 岡野充樹

24日オーストラリア実顕地に新しい家族、亜樹良が誕生しました。日本と違って奈緒枝ちゃんは丸2日で退院して、普通に近い暮らしをしています。赤ちゃんと二人の新米お兄ちゃんの成長が楽しみです。

現在ここには久保田康伸さん和子さん夫妻、大雅くん奈緒枝ちゃん夫妻と4人の子どもたち、私達夫婦、交流の大西雄介くん、実習の貴志まことくん、長谷川美苗ちゃんがいます。なかなかいい組み合わせでしょう?

私は毎日午前中養鶏、午後夕食作りをしています。養鶏は鶏たちと触れ合うのが楽しみです。それとカートの運転。これがなかなか癖の強いヤツで、最初はバックする度に5分くらい格闘していましたが、だんだん乗りこなせるようになってきました。
デイケアの送迎や買物など、実顕地を出ると英語しか通じないので、少しずつ言葉を覚えて、カタコトでも通じていくのが面白いです。モンゴルの人達もこんな感じなのかな?と思ったりしています。

春日山実顕地 岡野喜子