ページを印刷 ページを印刷

冨田夫妻のタイ交流


5/16
1526465137341

冨田夫妻のタイ交流も2ヶ月が過ぎようとしています。冨田さんの生会津弁にもすっかり慣れました。「福島県ではよ、第二次世界大戦を知らなかった人もいたらしいんだ。」とか、「小学校はよ、遠かったし熊がでるからよ、4年生まで行かなかったんだ。」等々、面白い話をたくさん聞かせて貰いました。けれども何より驚いたのは、2人の生活態度です。
「少欲知足」の少欲って、ニーズが少ないという意味なんだそうですが、冨田夫妻はまさにそんな感じ。自分が必要としている物や量を分かっていて、それ以上は要らない。研鑽や修行を積んでの境地、ではないようですが(笑)、すごいです。

最近の2人の様子。
市場で90円位で買った笛を、「無駄に穴が多いなあ、おもちゃだろ。」と言いつつ、ピーヒャラ吹いている冨田さん。国民的歌手カラバオのCDを聴いてるので、そのうち演奏してくれそう~、期待してます!なにせ手早い祐子さん。何を頼んでも、弾丸、早送り。ウエスはもう10年分は切りました。料理は苦手と言いつつ、ひるまずタイ料理にも挑戦。帰ったら石川さんにご馳走するんだとか。恐るべし、祐子姉!

豊里のお茶会で、中江かおりちゃんがお運びをしているのを見て、目尻を下げている人は多いと思います。タイの古いアルバムを見ていて発見!お運びをしている4才の少女の後ろ姿が写っていました。中江果林さんだそうです。お茶会のお運びは遺伝するのか!ビックリ
(祐子)


4/30
1525072410966
ビザ申請のためマレーシアのペナン空港に向かい、もうじき着陸という時「なんで私はこんな所に来ているんだろう?」と首をかしげると、恒平さんがすかさず、「私意尊重公意行だろ」と言ったので「そっかあ、そういうことなんだあ?」とつぶやきました。(祐子)



4/15

タイに来て、あっという間に3週間がたちました。
見るもの聞くものみな珍しく、鳥の鳴き声にも耳が立ちます。
夜はヤモリも鳴いています。
小さいかわいいヤモリが、いっぱい遊んでいます。

タイ実顕地も、今年4月で30年経ったんですね。
いろんなことがあって、今があると思います。
上田さん達も私達も、4、50年以上前に参画しているので、
若い頃の古ーい話で盛り上がっています。
今、マンゴーの収穫時期で、大山盛り食べています。

恒平・祐子

 

Jpeg

Jpeg

タイ実顕地30周年、すっかり忘れていました。

そう言えば、4月13日で丸30年なんです。

そんな記念すべき時期に交流に来てくれた冨田夫妻。

冨田夫妻の衝撃が大きくて、30周年印象薄くて(笑)。

ビックリ1:冨田さんの生会津弁

ビックリ2:京都も大阪も名古屋城も行ったことがない

ビックリ3:外食はほとんどしない

ビックリ4:食事の量がちょっぴり

ビックリ5:それでも明るく楽しそう

写真はまだこの1枚だけです。

今日市場で、冨田さんド派手なアロハシャツ購入。

なのでタイ正月に記念撮影します。

タイ実顕地  上田 のぶよ